So-net無料ブログ作成
仕事のあれこれ ブログトップ
前の10件 | -

タブレット導入 [仕事のあれこれ]

現場のデータ入力用にタブレットを導入しました。
IMG_20191011_075356.jpg

androidの8インチで、防水仕様です。

iPhone6を使っていたのですが、だんだん視力が衰えてきて、小さい画面が辛くなってきました。

やはり8インチは、かなり見やすいですね。

IMG_20191011_075558.jpg

これで現場での入力もスムーズになりそうです。

他にもいろいろ使い道がありそうです。

試してみます。




nice!(2)  コメント(0) 

基準点成果等閲覧サービス [仕事のあれこれ]

測量などで用いる基準点を閲覧することができるサービスです。

国土地理院が運用しています。

私の家の周囲にも基準点がいくつかありました。

kijunn.jpg

あちこちの基準点を簡単に見つけることができるのでいろいろ便利です。

国土地理院 基準点成果等閲覧サービス
https://sokuseikagis1.gsi.go.jp/top.html


nice!(3)  コメント(0) 

GNSS測量DG-PRO1RW検証 [仕事のあれこれ]

DG-PRO1RWを持って近所を散歩してきました。

そのついでに街区三角点を見つけたので、DG-PRO1RWの精度を検証してみました。

こんな感じで大雑把なやり方でごめんなさい。

IMG_20190922_141353.jpg

戻ってきてから座標を比較してみると、一つ目のところで0.3m、二つ目では0.6mの誤差が生じていました。

まあ設置の仕方にも問題があるかと思いますが、単独測位でこの精度がだせれば十分じゃないでしょうか?

もう少しちゃんとやれば0.3m以内には収まるような気がします。

ただ、標高も0.5から1.0m程度のズレが生じてしまうようです。

これは仕方がないですかね。

次はもっと実践的なところで使ってみます。


nice!(3)  コメント(0) 

GNSS測量DG-PRO1RW [仕事のあれこれ]

DG-PRO1RWを使ってGNSS測量を試してみます。

とりあえず手持ちの端材や古いスマホにモバイルルーターなどをかき集めて装備を整えます。

IMG_20190922_135615.jpg

IMG_20190922_135621.jpg

使わなくなった電子機器の有効利用ですね。

IMG_20190922_135610.jpg

アンテナの下には蚊取り線香の台を使ってみました。

とりあえずこれを持ってご近所を散歩してみます。

スマホのログとDG-PRO1RWを使ったログを比較してみます。

途中で木の茂る神社も歩いてみました。

IMG_20190922_142310.jpg

結果がこちらです。

1569132071157.jpg

左がDG-PRO1RWで、右がスマホの山旅ロガーでログをとった軌跡です。

DG-PRO1RWの方が圧倒的に綺麗な軌跡を描いています。

誤差は1−2m程度でしょうか、神社の林の中でも途切れることなくそれなりの軌跡をとっています。

特徴的なのは標高データの精度です(画面右下の枠)。

スマホの記録は全く当てにならない数値を出していますが、DG-PRO1RWの方は綺麗な標高データを示しています。

とりあえず、単独測位だけでも非常に精度が高いことがわかりました。

取り扱いもAndoridアプリで制御できるので容易です。

この状態でも十分実用に耐えれそうです。

さらに精度を高める手法もあるのですが、もう少し勉強が必要ですね。

「DG-PRO1RW」こいつはこれからの仕事に活躍しそうです。






nice!(3)  コメント(0) 

GNSS測量 [仕事のあれこれ]

GNSS測量を勉強中です。

今はRTK測位が個人でもできるようになってきました。

私も試して見たいと思います。

まずはGNSS受信モジュールの導入から。

先日のトランジスタ技術に紹介されていた「トラ技2周波RTKスタータ・キット」ではなく、ビズステーション株式会社から販売されている「DG-PRO1RW」を購入してみました。



トランジスタ技術のモノと中身は一緒だと思うのですが、DG-PRO1RWの方がandroidアプリが準備されており使い勝手が良さそうでしたので、こちらにしてみました。

IMG_20190919_231014.jpg

どんな風になるかはこれからのお楽しみです。

けど、いろいろバタバタしていて触る時間がない、、、、


nice!(3)  コメント(0) 

トランジスタ技術 [仕事のあれこれ]

GPS測量のことについて調べていたら「トランジスタ技術」という雑誌を見つけました。

IMG_20190916_214810.jpg

その中で1cm測位F9Pレシーバーについて特徴がされていました。

さっそく手に入れてみました。

仕事に使えそうなモノが見つかりそうです。

ちょっと勉強してみます。


nice!(3)  コメント(0) 

マキタのバッテリーで充電 [仕事のあれこれ]

マキタのバッテリーを12Vに変換するアダプタを使っています。



これは12V3.3Aの出力があります。

たまたま現場で使っているタブレットパソコンのThinkPad10がUSB端子の充電ではなく、ACアダプタ専用でした。

IMG_20190816_081533.jpg

しかもあまり見ない角型コネクタ。

IMG_20190817_214807.jpg



この出力が12V3Aとほぼ同じ。

ここから充電できるかも、と思って試してみたらバッチリでした。

IMG_20190817_214756.jpg

耐久性とか充電可能時間とかは不明ですが、緊急用としては使えそうです。

現場で充電切れとなった時にACアダプタではどうしようもありませんから。

これで安心です。

色々使えて便利です。


nice!(4)  コメント(0) 

電動リールで地下水採水 [仕事のあれこれ]

電動リールをさっそく使ってみました。

ここでは地下25mの深さの地下水を採水しなければいけません。

普通のリールでも可能ですが、少しでも楽がしたいです。

こんな感じで使います。

P8152289.jpg

P8072135.JPG

今まで手動でリールを巻いていましたが、電動で楽に巻き上げてくれます。

P8152291.JPG

しかも0m設定をちゃんとしておけば、自動で0mできっちりと停止してくれます。

これは便利で楽ちんです。

深度の表示に誤差が生じる問題がありますが、釣り糸にも1mごとに印がついているので問題はなさそうです。

深い地下水調査には活用できそうです。


nice!(2)  コメント(0) 

マキタのバッテリーで採水 [仕事のあれこれ]

マキタのバッテリー(互換品ですが、、、)を有効利用するためにUSBと12Vを出力できる変換アダプターを入手しました。

IMG_20190813_184140.jpg



USB5V出力が2個と12Vの丸コネクタの出力があります。

スマホなどの充電も問題なしです。

で、今回これを購入した目的はこれがメインです。

IMG_20190813_190916.jpg

船釣り用の電動リールです。

普通は船釣りの時に12Vのバッテリーに繋いで使うものですが、このマキタ12Vセットを使えばどこでも使用可能となります。

しかも車のバッテリーよりもはるかに軽く持ち運びも容易です。

これで地下水の採水システムを作ります。

と言っても、ただベーラーと呼ばれる採水器を取り付けるだけです。

糸も釣り糸を流用します。

IMG_20190814_173020.jpg

8号のPEラインで重さ37kgまで耐えることができます。

こんな感じに仕上がりました。

IMG_20190814_181926.jpg

これで地下水簡易採水装置が完成しました。

地下200mまで採水器を降ろして、地下水を採水することが可能です。

早速、実戦投入してみます。



nice!(3)  コメント(0) 

ブログ製本 [仕事のあれこれ]

IMG_20190403_173850.jpg

今年もブログ製本しました。

「土と水を考える(Vol.11)」です。

ここ最近は現場ばかりであまり考えていないような気もしますが、、、

また配りに回りますね。


nice!(2)  コメント(0) 
前の10件 | - 仕事のあれこれ ブログトップ